仮想通貨のICOとは!?仮想通貨を使った資金調達って一体なに?

仮想通貨

 

仮想通貨のニュースやサイトを読んでいると

ICOって単語をよく目にする機会が増えたと思います。


でも、実際ICOの意味がよく分からないって方の為に

どんな意味なのか解説していきます。

ICO はInitial Coin Offering の略


仮想通貨ICO はInitial Coin Offeringの略です。


Initialは『初めの 最初の 初期の』と言った意味合いですので、

ICOは最初のコインの売り出しといった意味合いになります。

 


株式市場の新規上場はIPO(Initial Public Offering)ですから、

株式の新規公開が仮想通貨に置き換わった意味合いになります。

 

要は資金調達をするのに株を発行するか仮想通貨を発行するかの

違いですね!

ICO何がそんなにいいの?


Ico に参加するという事は、

投資家にとっては上場前に値上がりが期待できる仮想通貨を

取得する事ができるという事です。

 

取引所に上場したら、色々な人たちが売買を行う事により、

大きく値上がりすることも珍しくありません。

 

ビットコインをico当初からまとまった金額で購入出来ていれば、

億万長者になれていますのでとても夢のある話になると思います。

 


株式市場ではヤフー株を新規上場IPOから持っていれば

100万円が数億円になった計算になりますが、

仮想通貨のicoの世界ではそのような大儲けの話がゴロゴロしていてもおかしくないわけです。

 

ICOのデメリットとは?


仮想通貨を勉強している人は

情報が少ないと感じることが多いと思います。

 

ICO の危険なところは、先に資金を集める為、

詐欺が起こりやすいという点です。

 


「アメリカの天才エンジニアが作った仮想通貨がICOで購入できます。

仮想通貨取引所に上場すれば何百倍もの値上がりが期待できます。」と言われて、

この仮想通貨に対する真贋が働くでしょうか。

 


仮想通貨は物質もないデータですので、

確かめる術も限られてしまい判断が難しいのです。

 

プロジェクト自体が失敗する可能性はもちろん

投資家から集めたお金を持ち逃げしていまう輩もいるそうです。

 

実際に現在日本では仮想通貨の詐欺として、

このような仮想通貨を使った行為を行う詐欺師が存在しているようです。

 

ですのでまずは【ホワイトペーパー】という企画書があるか確認して、

熟読しましょう。

 

ちなみに【ホワイトペーパー】がないものは問題外です。

魅力的な仮想通貨のICOですが、

情報収集とリスクコントロールは何よりも重要です。

 

命の次に大切なお金なのでしっかりリサーチしてから

ICOに参加するように心がけましょう!

(自分に言い聞かせてます。)

 


上手くいけばとてつもない利益を上げる事ができますので、

リスクを理解しつつ、自己責任で投資を行うといいでしょう。

 

個人的には3月から一般ICOが開始される【Telegram】(テレグラム)

には注目していて

プレセールでは8億ドル以上を調達したモンスターICO!

 

【Telegram】のICOは自分も参加しようと思ってます。

 

 

 

 

おすすめ仮想通貨取引所

ZAIF
手数料の安さならZAIF
国内ではダントツで手数料が安く 2017年に約700倍ほど暴騰したモナコインを いち早く取り扱っていたZAIF取引所です。 しかもアドバイザーには元ライブドア社長の堀江貴文氏がいるのです! 今後もZAIF取引所からは目がはなせません。
手数料
-0.01%
通貨数
16種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金 ・ペイジー入金 ・クレジット決済
登録はこちら!
GMOコイン
アルトコイン訴求
仮想通貨FXならGMOコイン !
最近なにかと話題の仮想通貨ですが、 仮想通貨でもレバレッジをかけてFXできるようになったのですが その中でも使いやすさがハンパないのがGMOコインです。 元々、為替のFXの実績もあったからかスマホでの取引画面はとても 使いやすく利便性を重視されています。 IT企業という事もありセキュリティ体制も他の取引所より信頼できると 感じています!
手数料
0%
通貨数
5種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金 ・ペイジー入金 ・クレジット決済
登録はこちら!
bitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
国内で人気の仮想通貨取引所ビットフライヤー
ビットフライヤーは2014年1月に設立された仮想通貨取引所で 扱える仮想通貨の種類は少ないものの、手数料も安く見やすいシステム画面をしています。 ビットフライヤーの最大の長所は三菱UFJグループやSBIグループ等、 日本を代表する金融機関から出資を受け運営されており、 信用度が国内の仮想通貨取引所の中で最も高い点です。
手数料
0.01~0.15%
通貨数
6種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金・クレジット決済
登録はこちら!
BitTrade
ワンコイン(500円)で今すぐビットコインが買える!
BitTradeもGMOと同じく為替FXを運営してる会社で こちらは本格的なトレーダー使用の取引画面になります。 GMOに比べ取り扱い通貨数が1通貨多く 2017年に爆上げしたモナコインも取り扱っていますが そこまで違いはないですね。 両方登録して取引画面の使い易い方を選ぶのが良いでしょう。
手数料
0.2%
通貨数
6種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金
登録はこちら!
QUOINEX
ビットコイン
業界最多の通貨ペア数の53種類取り扱い中!
この取引所の特徴としては仮想通貨と為替の取引所を 合体させた取引所になります。 取り扱い数が53種類と書きましたが、 仮想通貨の取り扱い自体は5種類なのですが海外などの法定通貨も 取り扱ってるので仮想通貨と為替を同じ取引所で取り扱いたいという ワガママさんにはこちらがオススメです(笑)
手数料
0%
通貨数
53種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金
登録はこちら!