仮想通貨にも税金あり!初心者必読,守らないとこんな悲劇が・・・。

仮想通貨

近年、大々的に注目を集める仮想通貨。

 

あなたの周りにも、

仮想通貨で利益を出している人がいるのではないでしょうか!?

 

そんな人たちに憧れ、これから仮想通貨に参入しようという初心者は

今もこの世の中に多数いることでしょう。

 

もしかしたら、

これを読んでいるあなたもそのうちの一人かもしれませんね・・・。

 

しかし、そんな皆さんには、

参入前に学んでいただかなければならないことがあります。

 

それは・・・。

 

 

税金です。

 

仮想通貨も投資の一種。

FXや株同様、儲けた分は所得税の対象になるのです。

 

しかも、雑所得といって損益通算ができないヤツです。

詳しくは後ほど説明しますが

分かりやすくいうと一番税金引かれるパターンです。

 

仮想通貨で出した利益を申告していない場合

税務署に指摘され、ペナルティとして本来の税金に加え、

「加算税」という罰金を支払わなければならない場合がありますよ。

 

そこで今回は、仮想通貨初心者が学ぶべきこととして、

これにかかる基本的な税金のことと、

税金を払わなかったがために悲劇を味わった

ある人物のエピソードとそこから学べる教訓を紹介します。

 

仮想通貨は「雑所得」として税金の対象に

201712月の国税庁発表によると、

仮想通貨の取引で得た利益は「雑所得」に分類されます。

 

所得には各種事業の利益から生じる事業所得、

仕事先で得た給料から生じる給与所得など九種類の分類がありますが、

そのどれにも当てはまらない「その他」の所得は雑所得となり、

これに仮想通貨が含まれるのです。

 

しかも、サラリーマンで働いている人は会社からもらう給料と

仮想通貨の収入を合算して税率を計算しなくてはならないので税金が

高くなってしまうんですよね・・・。

 

それと所得税の他に住民税の支払いもあるのですが、

自分で支払うようにしないと会社に副業してる

ことがバレてしまう(正確にいうと副業がバレるというよりは会社以外からの収入があるということがバレる)

ことがあるかもしれないので注意してください。

(会社員の場合、住民税を会社で天引きにするか自分で振り込みするかを選択できる)

 

 

仮想通貨で利益が20万円を超えた場合は確定申告の必要があります。

また、主婦や学生などは33万円以上からの確定申告となります。

 

国税庁のホームページはこちら

 

 

もしも仮想通貨の税金を払わなかったら・・・。

決められた数字を越えた利益を得ても確定申告を得ないとどうなるのでしょう。

 

そう、脱税の疑いをかけられます。

一度でもこうなると、それに対して払うのは「地獄の代償」です。

 

要は、確定申告で決められた税金に加え、

「加算税」という罰金も払わなければいけません。

 

また、ビットコインなどの仮想通貨は、

取引所でやり取りの証拠が残るため、

基本的に脱税はほぼ100%バレるようになっています。

 

つまり、脱税を図るための法の抜け穴さえもないのです。

 

「地獄の代償」を払った男・・・磯貝清明

これは仮想通貨ブームの前から投資業界で名のしれた「FX」に関するエピソードですが、

投資が税金を伴うのは何でも一緒なので、

是非一読していただきたいです。

 

これから紹介するのは、磯貝清明氏のエピソードです。

 

磯貝氏は、ドルやポンドの外国通貨を取引するFXで、

当時の為替レートで250億円相当もの利益を叩き出し、

ホリエモンこと堀江貴文氏も住んだことがある

六本木ヒルズレジデンスでの豪勢な暮らしぶりも話題になりました。

 

つまり、当時の皆が憧れたヒルズ族になるというジャパニーズドリームを

、彼は実現してみせたのです。

 

しかし、忌まわしき運命が、磯貝氏に襲いかかります。

200810月のことでした。彼は国税局の査察官、

通称マルサに自宅のガサ入れを受けたのです。

 

彼はFXにかかる税金のことをよく理解していなかったが故に、

45000万円の所得を隠したとして、

16000万円の脱税をしたと見なされました。

 

その結果、脱税分である本来の税金に加え、

6500万円の重加算税、さらに悪質な所得隠しとしての刑事罰の罰金3500万円、

延滞税7000万円、合計33000万円もの負債を強いられました。

 

FX250億円も儲けられているのなら、

それぐらいさえも余裕で払えると思われそうです。

 

しかし、当時、リーマンショックのあおりで

元々多額の損失を出していた磯貝さんに、

それを払う金銭的余裕はなかったのです。

 

磯貝氏はそれ以来、FXで利益を出す前から続けていた

金属スクラップ工場の経営で地道に借金を返しているとのことです。

 

111日深夜放送である「じっくり聞いタロウ ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)

に彼が出演した地点では、

借金の残りは2200万円にまで減っているとのことです。

 

仮想通貨取引の収支表をつけよう

投資にかかる税金に無知であったがために、

磯貝氏は多額の借金を負う悲劇に見舞われました。

 

この事態を繰り返さないためには、

仮想通貨取引による収支表をつけることです。

 

取引によって生じた支出と収入を記録することで、

仮想通貨関連の資産状況を把握することで、

好きな時に利益に対する税金の計算を行うことが可能であり、

確定申告もスムーズに行うことができます。

 

皆さんは、仮想通貨にも税金がかかることに留意したうえで参入しましょう。

 

おすすめ仮想通貨取引所

ZAIF
手数料の安さならZAIF
国内ではダントツで手数料が安く 2017年に約700倍ほど暴騰したモナコインを いち早く取り扱っていたZAIF取引所です。 しかもアドバイザーには元ライブドア社長の堀江貴文氏がいるのです! 今後もZAIF取引所からは目がはなせません。
手数料
-0.01%
通貨数
16種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金 ・ペイジー入金 ・クレジット決済
登録はこちら!
GMOコイン
アルトコイン訴求
仮想通貨FXならGMOコイン !
最近なにかと話題の仮想通貨ですが、 仮想通貨でもレバレッジをかけてFXできるようになったのですが その中でも使いやすさがハンパないのがGMOコインです。 元々、為替のFXの実績もあったからかスマホでの取引画面はとても 使いやすく利便性を重視されています。 IT企業という事もありセキュリティ体制も他の取引所より信頼できると 感じています!
手数料
0%
通貨数
5種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金 ・ペイジー入金 ・クレジット決済
登録はこちら!
bitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
国内で人気の仮想通貨取引所ビットフライヤー
ビットフライヤーは2014年1月に設立された仮想通貨取引所で 扱える仮想通貨の種類は少ないものの、手数料も安く見やすいシステム画面をしています。 ビットフライヤーの最大の長所は三菱UFJグループやSBIグループ等、 日本を代表する金融機関から出資を受け運営されており、 信用度が国内の仮想通貨取引所の中で最も高い点です。
手数料
0.01~0.15%
通貨数
6種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金・クレジット決済
登録はこちら!
BitTrade
ワンコイン(500円)で今すぐビットコインが買える!
BitTradeもGMOと同じく為替FXを運営してる会社で こちらは本格的なトレーダー使用の取引画面になります。 GMOに比べ取り扱い通貨数が1通貨多く 2017年に爆上げしたモナコインも取り扱っていますが そこまで違いはないですね。 両方登録して取引画面の使い易い方を選ぶのが良いでしょう。
手数料
0.2%
通貨数
6種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金
登録はこちら!
QUOINEX
ビットコイン
業界最多の通貨ペア数の53種類取り扱い中!
この取引所の特徴としては仮想通貨と為替の取引所を 合体させた取引所になります。 取り扱い数が53種類と書きましたが、 仮想通貨の取り扱い自体は5種類なのですが海外などの法定通貨も 取り扱ってるので仮想通貨と為替を同じ取引所で取り扱いたいという ワガママさんにはこちらがオススメです(笑)
手数料
0%
通貨数
53種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金
登録はこちら!