仮想通貨初心者がすべきセキュリティー対策とは! ?

仮想通貨

仮想通貨のセキュリティは大丈夫ですか?

 

今回は仮想通貨の取引所にアクセスするうえでの注意点について解説します。

 

仮想通貨の取引所は皆さんの大切な資産を扱う場所である以上、

常にその資産を狙う「ハッカー」が狙っていることに注意しなければなりません。

 

過去には20142月のマウントゴックスで起きたビットコイン盗難事件、

20181月のコインチェック事件など、

何百億規模もするお金が一気になくなる事態も発生しています。

 

そこで皆さんは、仮想通貨へ参入する前に、

自分の資産を自分で守るため、取引所で気をつけるべきことを4つ紹介します。

 

URLはブックマーク

あまりニュースになっていませんが仮想通貨の取引所に成りすました

偽サイトにユーザーをアクセスさせ、

個人情報や資産を盗む事件が多発しています。

 

取引所の名前を検索すると、広告欄など、結果の上位に偽サイトが出現します。

 

ユーザーがそこへ知らず知らずにアクセスしてログインした結果、

個人情報を抜き取られる場合があります。

 

ハッカーが抜き取った個人情報で、

その人の資産を勝手に外部へ送金してしまうのです!

 

対策としては、広告としてURLが表示されたサイトは偽物の可能性が高いため、

アクセスしないことです。

 

それとURLが正しいか確認することは重要です。

 

最近では取引高世界一のバイナンスを装ったフィッシング詐欺

がありハッキング被害にあいました。

 

必ず、広告以外で検索結果に表示されたサイトにアクセスし、

ブックマークをしておきましょう。

 

以後はブックマークからアクセスし続けることが安全です。

 

 

 二段階認証でセキュリティー強化

最低限のセキュリティーとして、二段階認証は必須です。

手順は以下の通りです。

 

1.まずはスマホアプリで認証システムをダウンロードします。

 おすすめは「Google Authenticator」です。

 

2.アプリを開き、「アカウント追加」もしくは「+」ボタンから

「バーコードをスキャン」を選びます。

 

3.そこでQRコードリーダーに辿り着くと、

 「2段階認証を設定」という旨の項目をクリックします。

 

4.QRコードをアプリで読み取ります。

 その際Secret Key(秘密鍵)を必ず控えておきます。

 

これを設定していれば、資産を最低限安全に守ることができます。

 

取引所によっては、二段階認証を設定していることで、

不正ログインで受けた被害をある程度補償してもらえる場合もありますので、

設定するに越したことはありませんね。

 

パスワードは分かりづらく、使い回さず

パスワードを設定する際は最低9文字以上を使用しましょう。

また中に「apple」「cat」などの簡単な単語が入っていると推測されやすいので、

なるべく意味の分からない言葉になるようにアルファベットや

数字をゴチャ混ぜにしつつ並べることをお勧めします。

 

また、複数のパスワードを記憶できる自信がないからといって、

複数の取引所でパスワードを使う人もいますが、これは危険です。

 

1つの取引所をハッキングされると、

別の取引所の同じパスワードの存在も推測され、

立て続けに被害を受けるリスクがあるからです。

 

取引所やウォレットごとに資産を分散させる

一つの取引所に全資産をまとめていると

全額喪失のリスクがあります。

 

例えば仮想通貨を盗まれた時に限らず、

取引所が倒産した場合も、一切のお金を引き出せなくなってしまうのです。

 

被害に遭った際のダメージを最小限に抑えるためには、

取引所やウォレットに仮想通貨の資産を分けて管理することです。

 

取引所やウォレットなどに資産を4つに均等に分けて管理すれば、

1ヵ所がダメージを受けても、失う資産は最大で4分の1で済むのです。

 

まとめ: セキュリティメモを持っておこう

このようにしてみると

仮想通貨のセキュリティ対策はかなり複雑なように見えます。

 

そのため、各取引所やウォレットのパスワード、

二段階認証の際のSecret Key(秘密鍵)をまとめておくためのメモを1枚用意すれば、

スムーズに仮想通貨の取引が行えます。

 

以上のような重要事項をリストアップしても、

A4サイズの紙1枚でも、裏面はおろか、表面でも一番下の行まで埋まるかどうか、

という分量になるのではないでしょうか。

 

このような厳重な安全管理が、健全な仮想通貨の取引を促すのです。

 

是非セキュリティメモをパソコンの近くに常に保管したうえで、

仮想通貨を楽しんでください。

 

おすすめ仮想通貨取引所

ZAIF
手数料の安さならZAIF
国内ではダントツで手数料が安く 2017年に約700倍ほど暴騰したモナコインを いち早く取り扱っていたZAIF取引所です。 しかもアドバイザーには元ライブドア社長の堀江貴文氏がいるのです! 今後もZAIF取引所からは目がはなせません。
手数料
-0.01%
通貨数
16種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金 ・ペイジー入金 ・クレジット決済
登録はこちら!
GMOコイン
アルトコイン訴求
仮想通貨FXならGMOコイン !
最近なにかと話題の仮想通貨ですが、 仮想通貨でもレバレッジをかけてFXできるようになったのですが その中でも使いやすさがハンパないのがGMOコインです。 元々、為替のFXの実績もあったからかスマホでの取引画面はとても 使いやすく利便性を重視されています。 IT企業という事もありセキュリティ体制も他の取引所より信頼できると 感じています!
手数料
0%
通貨数
5種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金 ・ペイジー入金 ・クレジット決済
登録はこちら!
bitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
国内で人気の仮想通貨取引所ビットフライヤー
ビットフライヤーは2014年1月に設立された仮想通貨取引所で 扱える仮想通貨の種類は少ないものの、手数料も安く見やすいシステム画面をしています。 ビットフライヤーの最大の長所は三菱UFJグループやSBIグループ等、 日本を代表する金融機関から出資を受け運営されており、 信用度が国内の仮想通貨取引所の中で最も高い点です。
手数料
0.01~0.15%
通貨数
6種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金・クレジット決済
登録はこちら!
BitTrade
ワンコイン(500円)で今すぐビットコインが買える!
BitTradeもGMOと同じく為替FXを運営してる会社で こちらは本格的なトレーダー使用の取引画面になります。 GMOに比べ取り扱い通貨数が1通貨多く 2017年に爆上げしたモナコインも取り扱っていますが そこまで違いはないですね。 両方登録して取引画面の使い易い方を選ぶのが良いでしょう。
手数料
0.2%
通貨数
6種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金
登録はこちら!
QUOINEX
ビットコイン
業界最多の通貨ペア数の53種類取り扱い中!
この取引所の特徴としては仮想通貨と為替の取引所を 合体させた取引所になります。 取り扱い数が53種類と書きましたが、 仮想通貨の取り扱い自体は5種類なのですが海外などの法定通貨も 取り扱ってるので仮想通貨と為替を同じ取引所で取り扱いたいという ワガママさんにはこちらがオススメです(笑)
手数料
0%
通貨数
53種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金
登録はこちら!