「お金2.0」で語られている仮想通貨と未来の働き方について。

今更ながら「お金2.0」読みました。

 

仮想通貨や今後の働き方について、分かりやすい言葉で表現されてるので
最終学歴が工業高校卒の自分でもスラスラ読める内容になっていました。

 

 

著者はメタップスの佐藤航陽さんで編集が幻冬社の箕輪さんです。

最近ではホリエモンの「多動力」や落合陽一さんの「日本再興戦略」など

売れてる本の編集には幻冬社の箕輪さんが関わっているそうです。

 

全然関係ないですが佐藤航陽さんはサッカー日本代表の香川に顔が似てますね!

まぁそれはいいとしてこの本を読めば未来が先読みできて、

仮想通貨がさらに伸びていくということが分かると思えるような本です。

 

資本主義から価値主義へ移行!

今までは資本主義経済でお金第一に考えられていて、

お金持ちと貧乏では生まれながらにスタートラインが違って平等ではなかった。

 

それに、人はお金の為に働いてお金を持った人が権力をもつという

お金第一の考え方でした。

 

1970年代以前に産まれた方は住むところはボロボロで食事もまともにできず

「お金を儲けて裕福な暮らしをしたい!」という

野心的な考え方の人が多くいました。

 

ただ1980年代以降に産まれたかたは産まれた時には

なんでも揃っていて食事にも困らない生活が当たり前となっている為、

物欲みたいなものが薄れてるように感じます。

 

これは日本だけでなく先進国全般に言えることで、

モノを作っても売れ無いので製造業は下火になってきて、

代わりに娯楽や体験を通して精神的な充実を求める人が増えている。

 

娯楽や体験をさらにSNSにアップして人に承認されたいという

欲求を満たすサイクルにもなっているのでしょうね!

 

これからは価値主義に移行していきお金を儲けたことよりも

人に価値を提供することや「承認されたい」という欲求を満たす

ことが重要になってくるでしょう。

 

確かに今の2〜30歳代の人を見ていても車に興味もなく

服もファストファッションと呼ばれる安価なモノが人気ですからね!

メルカリなどが流行っていて新品のモノに対する執着が無いように感じます。

 

 

仮想通貨ってなんで流行っての?

仮想通貨に限らず自動的に発展する仕組みが5つあるそうです。

これはフェイスブックなども仕組みにも当てはまるそうです。

 

個人的にはメルカリもこのシステムに当てはまるのかなって

感じてます。

 

①インセンティブ

報酬が明確であること。

これは金銭的な報酬だけじゃなくて「モテたい」や「認められたい」

なども含まれる!

 

②リアルタイム

時間によって変化すること。

人間は変化する状況では頑張ろうとするが、

やってもやらなくても変化が無い場合は努力もしなくなるのだ。

(当たり前といえば当たり前だが)

 

これは社会主義的発想にあたり、社会主義国家はどこも

崩壊してることから納得できますね!

 

③不確実性

運と実力の両方の要素がある。

投資なんかが良い例で、自分でチャート分析など実力を付けて儲けた部分と

ファンダメンタルな運の部分が備わっている。

 

④ヒエラルキー

分かりやすい指標があること。

これが無いと自分の立ち位置ができない上に相手との比較も

できない為つまらないと感じてしまう。

 

⑤コミュニケーション

参加者が交流する場所がある。

 

SNSはもちろんこの仕組みがあるけど、

仮想通貨の取引所でも投資家同士がコミュニケーションを取れる

ように専用チャットも用意されてるんですよね!

 

個々の通貨にも専用のコミュニティがありますしね。

 

 

今後の働き方について・・・

今後の働き方についても著書では語られています。

 

軽く説明すると

「自分が心から熱中していることに打ち込んでいると結果として利益になり

逆に利益を優先すると利益を得るのが難しくなってくる。」と書かれていました。

 

あのホリエモンも「これからの時代は遊びが仕事になる」と言っていました。

これって言い方は違うけど内容は同じなんじゃ無いかと思いました。

 

【熱中していること=遊び】

という枠組みになると考えると理解しやすくなりますよね。

 

これはYouTuberが分かりやすい例ですかね。

自分が楽しんでることを動画にアップして、

見てる人にも楽しんでもらい報酬を得るというシステム。

 

これからはさらにこのような動きが加速していくのでしょうね。

 

それとVRなどが発達すると映画は映画館にいくのではなく

自分自身が映画の中に入って主人公になって楽しむモノと書いてありました。

 

まるでマトリックスやアバターのような世界が近いウチに現実のものになるのかと

思うとワクワクしてきますね。

 

これからも佐藤航陽さんの動向には注目ですね。

 

 

 

 

 

おすすめ仮想通貨取引所

ZAIF
手数料の安さならZAIF
国内ではダントツで手数料が安く 2017年に約700倍ほど暴騰したモナコインを いち早く取り扱っていたZAIF取引所です。 しかもアドバイザーには元ライブドア社長の堀江貴文氏がいるのです! 今後もZAIF取引所からは目がはなせません。
手数料
-0.01%
通貨数
16種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金 ・ペイジー入金 ・クレジット決済
登録はこちら!
GMOコイン
アルトコイン訴求
仮想通貨FXならGMOコイン !
最近なにかと話題の仮想通貨ですが、 仮想通貨でもレバレッジをかけてFXできるようになったのですが その中でも使いやすさがハンパないのがGMOコインです。 元々、為替のFXの実績もあったからかスマホでの取引画面はとても 使いやすく利便性を重視されています。 IT企業という事もありセキュリティ体制も他の取引所より信頼できると 感じています!
手数料
0%
通貨数
5種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金 ・ペイジー入金 ・クレジット決済
登録はこちら!
bitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
国内で人気の仮想通貨取引所ビットフライヤー
ビットフライヤーは2014年1月に設立された仮想通貨取引所で 扱える仮想通貨の種類は少ないものの、手数料も安く見やすいシステム画面をしています。 ビットフライヤーの最大の長所は三菱UFJグループやSBIグループ等、 日本を代表する金融機関から出資を受け運営されており、 信用度が国内の仮想通貨取引所の中で最も高い点です。
手数料
0.01~0.15%
通貨数
6種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金・クレジット決済
登録はこちら!
BitTrade
ワンコイン(500円)で今すぐビットコインが買える!
BitTradeもGMOと同じく為替FXを運営してる会社で こちらは本格的なトレーダー使用の取引画面になります。 GMOに比べ取り扱い通貨数が1通貨多く 2017年に爆上げしたモナコインも取り扱っていますが そこまで違いはないですね。 両方登録して取引画面の使い易い方を選ぶのが良いでしょう。
手数料
0.2%
通貨数
6種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金
登録はこちら!
QUOINEX
ビットコイン
業界最多の通貨ペア数の53種類取り扱い中!
この取引所の特徴としては仮想通貨と為替の取引所を 合体させた取引所になります。 取り扱い数が53種類と書きましたが、 仮想通貨の取り扱い自体は5種類なのですが海外などの法定通貨も 取り扱ってるので仮想通貨と為替を同じ取引所で取り扱いたいという ワガママさんにはこちらがオススメです(笑)
手数料
0%
通貨数
53種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金
登録はこちら!