仮想通貨用語「マスターノード」を知らないあなたへ! 報酬がもらえる仕組みを徹底解説!

仮想通貨

仮想通貨業界で、マスターノードが注目されています。

 

しかし仮想通貨初心者の多くにとっては、

「マスターノードなんて初めて聞いた」「マスターノード? 新しいマスタードですか?などと思い、

この言葉についてよく理解できないでしょう。

 

しかし、このマスターノードを利用すれば、仮想通貨を報酬としてもらうこともでき、

仮想通貨ライフを今までよりも充実させられます。

 

そこで今回は、マスターノードの意味とその仕組み、

そしてマスターノードができる仮想通貨の例について解説いたします。

 

マスターノードの意味は? その仕組みは?

マスターノードとは、仮想通貨の取引の機能を手伝う役割のことを言います。

 

マスターノードとは一種のシステムであり、これをパソコンに設けて操作することにより、

取引が発生した仮想通貨を採掘し、それに応じた報酬がもらえるようになるのです。

 

マスターノードとは、いわば専用のソフトウェアです。

 

「ノード」自体が、仮想通貨に関するネットワークに参加する機会端末を意味します。

 

しかし、それを運用するためには、ネックワークに登録するうえで、

一定量の仮想通貨を担保に出さなければなりません。

 

さらに担保となる量も仮想通貨によって異なります。

 

また、担保に出す仮想通貨は、取引所ではなく、

自分専用のウォレットに収めておく必要があります。

マスターノードの手順

ウォレットから担保を送金したら、VPS(仮想サーバー)と契約します。

このサーバーがマスターノードを動かす役割を果たします。

 

契約後、必要な設定を行い、起動すると、マスターノードが動き出し、仮想通貨の採掘を始めるのです。

 

マスターノードが起動すれば、その後は原則、人の手による作業なしで、

仮想通貨の取引のサポートを行ってくれます。

 

その結果に応じて、マスターノードの持ち主に報酬が支払われるのです。

 

つまり、寝ている間もマスターノードが動いていれば、時間帯を問わず報酬が発生します。

そう、不労所得を得る新しい方法が、ここに開発されたのです。

 

マスターノードを利用できる仮想通貨の例

マスターノードを利用できるようになるには、必要な量の通貨を担保として差し出さなければならず、

しかもその条件も、仮想通貨により異なります。

 

マスターノードを採用した仮想通貨で最も有名なのはDashですが、

ここには1000DASH以上が担保として求められています。

 

しかしこれは、金額にすると約7500万円相当であり、到底初心者がありつけない金額です。

 

しかし、マスターノードのために莫大な金額の条件を設ける仮想通貨ばかりではありません。

 

Madcoin(MDC)の場合は、2500MDCが条件となっていますが、

それは金額にすると、約8万円にしかなりません。

 

8万円ぐらいの元手なら、アルバイトで生計を立てている人でも持ちえると考えられます。

 

また、こちらのサイトにアクセスすると、

マスターノードを利用できる仮想通貨がリストアップされています。

https://masternodes.pro/

 

リスト最上位である項目欄のひとつである「MN WORTH」は、

マスターノードを立てるのに必要な通貨を現金換算したものです(ドル単位ですが)

 

これを一度クリックすると、MN WORTHの安い順にマスターノード実装通貨が表示されます。

 

記事執筆地点で最も安いのはARCTICCOIN(ARC)で、その額は約7000円でした。

 

しかし、マスターノードにかかる費用の安さが全てではありません。

マスターノードを立てる時は、仮想通貨自体の口コミとMN WORTHの安さを釣り合わせ、最終的な判断を下す方がベストですね。

まとめ

マスターノードは、仮想通貨の取引を手助けするためのシステムと言っていいでしょう。

 

また、マスターノードが働いてくれることで、その持ち主に報酬が渡るので、

うまく行けば副業としても成立する可能性を持っています。

 

これは初心者にとってはなかなか手が出しづらいですが、

仮想通貨業界にはこういう文明もあるんだという認識で、この記事を読んでいただければ幸いです。

 

おすすめ仮想通貨取引所

ZAIF
手数料の安さならZAIF
国内ではダントツで手数料が安く 2017年に約700倍ほど暴騰したモナコインを いち早く取り扱っていたZAIF取引所です。 しかもアドバイザーには元ライブドア社長の堀江貴文氏がいるのです! 今後もZAIF取引所からは目がはなせません。
手数料
-0.01%
通貨数
16種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金 ・ペイジー入金 ・クレジット決済
登録はこちら!
GMOコイン
アルトコイン訴求
仮想通貨FXならGMOコイン !
最近なにかと話題の仮想通貨ですが、 仮想通貨でもレバレッジをかけてFXできるようになったのですが その中でも使いやすさがハンパないのがGMOコインです。 元々、為替のFXの実績もあったからかスマホでの取引画面はとても 使いやすく利便性を重視されています。 IT企業という事もありセキュリティ体制も他の取引所より信頼できると 感じています!
手数料
0%
通貨数
5種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金 ・ペイジー入金 ・クレジット決済
登録はこちら!
bitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
国内で人気の仮想通貨取引所ビットフライヤー
ビットフライヤーは2014年1月に設立された仮想通貨取引所で 扱える仮想通貨の種類は少ないものの、手数料も安く見やすいシステム画面をしています。 ビットフライヤーの最大の長所は三菱UFJグループやSBIグループ等、 日本を代表する金融機関から出資を受け運営されており、 信用度が国内の仮想通貨取引所の中で最も高い点です。
手数料
0.01~0.15%
通貨数
6種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金・クレジット決済
登録はこちら!
BitTrade
ワンコイン(500円)で今すぐビットコインが買える!
BitTradeもGMOと同じく為替FXを運営してる会社で こちらは本格的なトレーダー使用の取引画面になります。 GMOに比べ取り扱い通貨数が1通貨多く 2017年に爆上げしたモナコインも取り扱っていますが そこまで違いはないですね。 両方登録して取引画面の使い易い方を選ぶのが良いでしょう。
手数料
0.2%
通貨数
6種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金
登録はこちら!
QUOINEX
ビットコイン
業界最多の通貨ペア数の53種類取り扱い中!
この取引所の特徴としては仮想通貨と為替の取引所を 合体させた取引所になります。 取り扱い数が53種類と書きましたが、 仮想通貨の取り扱い自体は5種類なのですが海外などの法定通貨も 取り扱ってるので仮想通貨と為替を同じ取引所で取り扱いたいという ワガママさんにはこちらがオススメです(笑)
手数料
0%
通貨数
53種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金
登録はこちら!