仮想通貨に重要なコールドウォレットとマルチシグの関係性とは?

仮想通貨

最近、仮想通貨業界でコールドウォレットとマルチシグが注目されています。

 

しかし、仮想通貨初心者の多くは、

この二つの言葉とその関係性について、

よく理解できないのではないでしょうか!?

 

なにを隠そう、

正直自分もコインチェックの問題があるまでよく分かりませんでした。汗

 

しかしこの記事を読めば、コールドウォレットや

マルチシグについて詳しく書いています。

 

でも、みなさん本当は詳しく書いてないと思ってるんじゃないですか!?

「安心してください、書いてますよ。」

と最近見なくなってしまった、「とにかく明るい安村」風にいってみました。

 

ということでコールドウォレットとマルチシグのそれぞれの意味と関係性について、

今一度、学んでみましょう。

 

コールドウォレットとは何か?

コールドウォレットとは、

ビットコインなどの仮想通貨の入った

デジタル式のウォレット(財布)のことを言います。

 

まぁ、ウォレットと書いてある時点で仮想通貨を入れておくもの

だというのは察しがついたとは思いますが・・・。

 

コールドウォレットの中にある仮想通貨には、

秘密の英数字のアドレスでできた「秘密鍵」によりロックされており

これがオフラインで管理されている状態です。

 

現在、多くの取引所も、取引の対象になっていない仮想通貨に関しては、

独自に用意し、ネットワークと隔絶された領域内にあるコールドウォレットに保管しています。

 

これは、仮想通貨がハッキング被害に遭うのを防ぐためです。

 

ハッキングは、大抵の場合オンラインの環境下にある取引所をターゲットにして行われるため、

取引の対象になっていなくて、

流動性のない仮想通貨だけでもあらかじめコールドウォレットに「逃がして」いるのです。

 

つまり、そこは取引所にとっても、ユーザーにとっても、

さながら「避難所」です。ハッキングという名の災害から身を守っているのです。

 

マルチシグとは何か?

マルチシグとはマルチシグネイチャーの略で、

コールドウォレットにも必要とされる秘密鍵が複数求められる技術です。

 

仮想通貨の取引の際にはユーザーの署名が必要で、

その場合に複数の秘密鍵が介されます。

 

仮想通貨は、心悪しき人の魔の手から守られるために、

持っている人にしか知りえないパスワードとして、秘密鍵が必要です。

 

しかし、それが一つだけでは、万が一破られたとき、確実に脅威にさらされます。

 

一つの秘密鍵が破られても安心できるようになるには、

もう一つ、予備の秘密鍵も設けることです。

 

秘密鍵はアトランダムに英数字が並べられていることがほとんどなので、

複数の秘密鍵を破ることは極めて困難です。

 

セキュリティが二つ付いていることで、

ハッキングを許すリスクをほぼ完全に排除することができるわけです。

 

これはいわゆる、避難所に付いた「二重の扉」です。

 

コールドウォレットとマルチシグの関係性は?

それでは、何故、この二つの仮想用語が同じページで解説されることになっているのでしょうか?

 

それは、二つとも仮想通貨を犯罪から守るうえで

重要であるという意味で共通しているからです。

 

コールドウォレットもマルチシグも、

1月のコインチェック事件をきっかけに注目された言葉です。

 

この事件の原因は、コインチェック自体がオフラインのコールドウォレットではなく、

オンラインの環境下であるホットウォレットに保管していたからであると言われているからです。

 

「コールド」(冷たい)の反意語「ホット」(熱い)で、何となく実態が分かってきますよね。

 

ホットウォレットに仮想通貨が保管されていれば、

そこに伴う秘密鍵もオンラインの環境下にあり、

ハッカーの目についてしまったのでしょう。

 

また、この時、コインチェックにはマルチシグの技術もありませんでした。

つまり、秘密鍵は一つだけ。

 

その秘密鍵が破られた結果、恐ろしい事件が起き、

世界的な大騒動をもたらす「仮想通貨災害」が起きてしまったわけです。

 

 

これを教訓として、コールドウォレットに仮想通貨を保管し、

そこにマルチシグとして複数の秘密鍵を設けようという管理の鉄則が業界で広まったのです。

 

まとめ

コールドウォレットは、オフラインのもとで仮想通貨を保管し、

ハッカーの侵入を防ぐいわば避難所。

 

マルチシグは、その避難所のセキュリティを万全にするために

大切な複数のパスワードを設けること、

すなわち二重の扉を作り出すのに必要な技術です。

 

皆さんも、仮想通貨を手に入れ、管理するときは、

コールドウォレットにマルチシグを設けて管理することを勧めます。

 

コールドウォレットとマルチシグ両方を設けた取引所の代表例に、

bitFlyer(ビットフライヤー)が挙げられます。

 

ビットフライヤーの詳しい登録方法はこちら!

 

おすすめ仮想通貨取引所

ZAIF
手数料の安さならZAIF
国内ではダントツで手数料が安く 2017年に約700倍ほど暴騰したモナコインを いち早く取り扱っていたZAIF取引所です。 しかもアドバイザーには元ライブドア社長の堀江貴文氏がいるのです! 今後もZAIF取引所からは目がはなせません。
手数料
-0.01%
通貨数
16種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金 ・ペイジー入金 ・クレジット決済
登録はこちら!
GMOコイン
アルトコイン訴求
仮想通貨FXならGMOコイン !
最近なにかと話題の仮想通貨ですが、 仮想通貨でもレバレッジをかけてFXできるようになったのですが その中でも使いやすさがハンパないのがGMOコインです。 元々、為替のFXの実績もあったからかスマホでの取引画面はとても 使いやすく利便性を重視されています。 IT企業という事もありセキュリティ体制も他の取引所より信頼できると 感じています!
手数料
0%
通貨数
5種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金 ・ペイジー入金 ・クレジット決済
登録はこちら!
bitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
国内で人気の仮想通貨取引所ビットフライヤー
ビットフライヤーは2014年1月に設立された仮想通貨取引所で 扱える仮想通貨の種類は少ないものの、手数料も安く見やすいシステム画面をしています。 ビットフライヤーの最大の長所は三菱UFJグループやSBIグループ等、 日本を代表する金融機関から出資を受け運営されており、 信用度が国内の仮想通貨取引所の中で最も高い点です。
手数料
0.01~0.15%
通貨数
6種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金・クレジット決済
登録はこちら!
BitTrade
ワンコイン(500円)で今すぐビットコインが買える!
BitTradeもGMOと同じく為替FXを運営してる会社で こちらは本格的なトレーダー使用の取引画面になります。 GMOに比べ取り扱い通貨数が1通貨多く 2017年に爆上げしたモナコインも取り扱っていますが そこまで違いはないですね。 両方登録して取引画面の使い易い方を選ぶのが良いでしょう。
手数料
0.2%
通貨数
6種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金
登録はこちら!
QUOINEX
ビットコイン
業界最多の通貨ペア数の53種類取り扱い中!
この取引所の特徴としては仮想通貨と為替の取引所を 合体させた取引所になります。 取り扱い数が53種類と書きましたが、 仮想通貨の取り扱い自体は5種類なのですが海外などの法定通貨も 取り扱ってるので仮想通貨と為替を同じ取引所で取り扱いたいという ワガママさんにはこちらがオススメです(笑)
手数料
0%
通貨数
53種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金
登録はこちら!