DEX(分散型取引所)は仮想通貨盗難の教訓を生かせるのか?

仮想通貨

 

最近、DEX、すなわち分散型取引所が話題になっています。

 

それは仮想通貨の取引所の一形態のひとつですが、

「取引所が分散するなんてどういう意味だろう?

「取引所を巨大なノコギリででも切ったのか?

と不思議に思う人もいるでしょう。

 

しかし、実は分散型取引所は、

仮想通貨のハッキング被害を防ぐために生み出されたものといっても過言ではありません。

 

そこで今回は、過去の仮想通貨盗難事件から、

分散型取引所はいかにしてその教訓を生かそうとしているか、

その存在意義とは何かについて解説します。

 

過去の仮想通貨盗難事件

今日までの仮想通貨のブームの裏では、

皆さんの大切な資産が盗まれるという悲惨な事件が何度か起きています。

 

まずは仮想通貨の歴史上、有名な盗難事件の元祖として、

マウントゴックスビットコイン暴落事件が挙げられますね。

 

20116月、日本に本社を置いていた

マウントゴックス取引所のビットコイン価格が15ドル前後から1セントにまで暴落しました。

 

その原因はハッカーによる遠隔操作で

莫大なビットコインを自身の口座に移動させ

それらを一気に売り飛ばしてしまったのです。

 

マウントゴックスは20142月、

さらに莫大な量のビットコインを盗まれる被害に遭っており、

被害額は当時の価格で約500億円とも言われています。

 

こちらがいわゆる「マウントゴックス事件」と呼ばれています。

 

これ以降も、「The DAO Attack(20166)というイーサリアム盗難事件、

史上最大の約580億円もの被害を出したコインチェック事件(20181)と、

仮想通貨が盗まれる被害は後を絶ちません。

 

こうした事件の教訓をどのように生かすか、

仮想通貨業界でも議論と試行錯誤が様々な形で行われているのが実情です。

 

DEX(分散型取引所)とは何か?

そんな中、現在の仮想通貨業界で話題となっているのが

DEX(Decentralized Exchange)です。

 

株やFXの場合は、発行された売り物の取引記録全てを一手に引き受けデータ管理する、

いわば「中央管理者」が存在します。

 

しかし、DEXの場合は、中央管理者が存在せず、

個人間の同意のもと、直接仮想通貨のやり取りができるのです。

 

通常、物の売り買いは、店舗という敷地内で、

正式に雇われた店員とお客さんの間で行われるのですが、

DEXなら、誰もがある時は物を売りたい店員になり、

ある時は物を買いたいお客さんになれるのです。

 

DEXは犯罪被害のリスクが低い?

これまで大規模な仮想通貨流出の被害を受けてきた取引所のほとんどは、

マウントゴックスやコインチェックのように中央集権型でありました。

 

このタイプの取引所の場合は、

管理を一手に引き受けている組織しか専用の秘密鍵を持っておらず、

そこを破られてしまうと、即仮想通貨が手を付けられる事態になってしまいます。

 

しかし、DEXの場合は、

各個人がそれぞれの秘密鍵を自分で管理することになります。

 

そのため、ハッキングによって、

取引所を利用している人の大多数が被害を受ける事態は防ぐことができます。

 

また、中央集権型の取引所は、セキュリティに関する予算をまかなうため、

何かとユーザーから手数料を取ります。

 

しかし、管理主体のいないDEXでは、

それと比べて大幅に手数料が削減され、安価になっています。

 

また、管理主体がいなければ、本人確認の必要もないので、

個人情報の流出も必要なく、その入力に余計な時間もかからずして、

スムーズに取引へとありつけられます。

 

このように、DEXは中央集権型の取引所に懸念されるリスクや

不便さの大部分を解決すべく作られたシステムと言っても過言ではないのです。

 

まとめ~DEXの存在意義

DEXは、中央集権型の取引所になかったメリットの強さを生かし、

仮想通貨業界で大きく注目される存在となっております。

 

DEXの存在意義は、仮想通貨のユーザーが、安心して取引所を利用できるよう、

様々な面で配慮されていることでしょう。

 

ここに究極のお客さん想いのシステムが存在するのです。

 

仮想通貨を守るセキュリティを重視する人は、

是非ともDEXのシステムを取り入れた取引所に登録してみてはいかがでしょうか!?

 

おすすめ仮想通貨取引所

ZAIF
手数料の安さならZAIF
国内ではダントツで手数料が安く 2017年に約700倍ほど暴騰したモナコインを いち早く取り扱っていたZAIF取引所です。 しかもアドバイザーには元ライブドア社長の堀江貴文氏がいるのです! 今後もZAIF取引所からは目がはなせません。
手数料
-0.01%
通貨数
16種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金 ・ペイジー入金 ・クレジット決済
登録はこちら!
GMOコイン
アルトコイン訴求
仮想通貨FXならGMOコイン !
最近なにかと話題の仮想通貨ですが、 仮想通貨でもレバレッジをかけてFXできるようになったのですが その中でも使いやすさがハンパないのがGMOコインです。 元々、為替のFXの実績もあったからかスマホでの取引画面はとても 使いやすく利便性を重視されています。 IT企業という事もありセキュリティ体制も他の取引所より信頼できると 感じています!
手数料
0%
通貨数
5種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金 ・ペイジー入金 ・クレジット決済
登録はこちら!
bitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
国内で人気の仮想通貨取引所ビットフライヤー
ビットフライヤーは2014年1月に設立された仮想通貨取引所で 扱える仮想通貨の種類は少ないものの、手数料も安く見やすいシステム画面をしています。 ビットフライヤーの最大の長所は三菱UFJグループやSBIグループ等、 日本を代表する金融機関から出資を受け運営されており、 信用度が国内の仮想通貨取引所の中で最も高い点です。
手数料
0.01~0.15%
通貨数
6種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金・クレジット決済
登録はこちら!
BitTrade
ワンコイン(500円)で今すぐビットコインが買える!
BitTradeもGMOと同じく為替FXを運営してる会社で こちらは本格的なトレーダー使用の取引画面になります。 GMOに比べ取り扱い通貨数が1通貨多く 2017年に爆上げしたモナコインも取り扱っていますが そこまで違いはないですね。 両方登録して取引画面の使い易い方を選ぶのが良いでしょう。
手数料
0.2%
通貨数
6種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金
登録はこちら!
QUOINEX
ビットコイン
業界最多の通貨ペア数の53種類取り扱い中!
この取引所の特徴としては仮想通貨と為替の取引所を 合体させた取引所になります。 取り扱い数が53種類と書きましたが、 仮想通貨の取り扱い自体は5種類なのですが海外などの法定通貨も 取り扱ってるので仮想通貨と為替を同じ取引所で取り扱いたいという ワガママさんにはこちらがオススメです(笑)
手数料
0%
通貨数
53種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金
登録はこちら!