コンセンサスアルゴリズムとは? 仮想通貨を持つうえで知りたい言葉

仮想通貨

これから仮想通貨に参入しようと、予備知識を得るべく情報を参照する人も多いでしょう。

 

しかし、そうしたものには多くの専門用語が含まれています。

特に、「コンセンサスアルゴリズム」という見慣れない言葉に

戸惑う方も多くいるのではないでしょうか。

 

しかし、コンセンサスアルゴリズムこそ、

仮想通貨を楽しむうえで知っておくべき重要な専門用語なのです。

 

今回は、コンセンサスアルゴリズムの意味と、

その存在が仮想通貨にどう役立っているのかについて解説します。

 

コンセンサスアルゴリズムの意味

コンセンサスアルゴリズムは、端的に言うと、

Consensus=合意、Algorithm=問題を解決するための方法です。

 

つまり、仮想通貨に関する、合意に至るまでの問題を解決する方法が存在するのです。

 

それでは、いつ仮想通貨に関する合意が起きて、

どんな仮想通貨に関する問題を解決するのでしょうか。

 

まずは、合意の中身について解説します。

 

仮想通貨には、基本的に中央管理者が不在です。

 

FXでは政府中央銀行、株では証券取引所が、この世で行われているあらゆる取引の記録をはじめ、

売られているものに関する動向の全てをデータ化してチェックしていますが、

仮想通貨には政府中央銀行や証券取引所のように、

そうした管理を全部引き受けている組織が存在しません。

 

仮想通貨は、買ったり売ったりして取引に関わった人たちが、

みんなで取引に関する事実を管理するのです。

 

みんなで管理するのは、いつ、どこで、誰が仮想通貨を買ったり売ったりしたかという

取引の履歴なのです。

 

この取引の履歴を記録するにあたり、

不正を防止するためのルールがコンセンサスアルゴリズムなのです。

 

アルゴリズムの成立には一定の基準が設けられています。

例えばビットコインの場合、それは「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)と呼ばれています。

 

これは一言で述べるとビットコインを誰かが買ったり売ったりした事実に関して

発生したデータを計算する「マイナー」という役割が存在し、

そのデータを一番早く計算し終えた人が取引を承認したことになるのです。

 

ただし、こうした作業を行うのは、

基本的には個人レベルではありえない資金力と技術力を持った大手ネット企業によるものです。

 

つまり、企業の数多くの社員たちが一斉に作業をしていて、

その中の誰かがプルーフ・オブ・ワークを完成させていることになります。

 

データ計算が普通の人には理解できないほど複雑なため、

高価な機械とそれを使いこなす特殊な技術が必要とされるので、

ある意味これも当然でしょうね。

 

なぜコンセンサスアルゴリズムが必要なのか?

コンセンサスアルゴリズムは、仮想通貨の取引履歴を改ざんするなどして、

悪い人がズルをして資産を根こそぎ持っていくことのないように

監視するためのマニュアルのようなものです。

 

前述の通り、仮想通貨は管理を一手に引き受けてくれる組織がいない以上、

参入した人たち皆で管理しなければなりません。

 

それは、仮想通貨の売り買いの事実をすり替えて不正に優位を奪う者がいないか、

目を光らせて確かめる意味があるのです。

 

コンセンサスアルゴリズムの種類はプルーフ・オブ・ワークに限らず、

仮想通貨の種類によっても異なりますが、

それぞれに対し、仮想通貨市場の健全性を保たせるためのマニュアルが設けられているのです。

 

コンセンサスアルゴリズムは仮想通貨業界の「警備員」である。

コンセンサスアルゴリズムは、

仮想通貨の市場の中で悪さをする人がいないかを監視するためのマニュアルです。

 

つまり、人間社会でいうところの「警察」です。

 

人間社会でも、警察が悪いことをする人がいないかを見張り、

実際にそうした人を逮捕することもできるから、

社会の健全性をある程度保たせる役目を果たしているのです。

 

それほどまでにコンセンサスアルゴリズムは

仮想通貨にとって大切な言葉であることを、

皆さんには理解して頂きたいのです。

 

おすすめ仮想通貨取引所

ZAIF
手数料の安さならZAIF
国内ではダントツで手数料が安く 2017年に約700倍ほど暴騰したモナコインを いち早く取り扱っていたZAIF取引所です。 しかもアドバイザーには元ライブドア社長の堀江貴文氏がいるのです! 今後もZAIF取引所からは目がはなせません。
手数料
-0.01%
通貨数
16種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金 ・ペイジー入金 ・クレジット決済
登録はこちら!
GMOコイン
アルトコイン訴求
仮想通貨FXならGMOコイン !
最近なにかと話題の仮想通貨ですが、 仮想通貨でもレバレッジをかけてFXできるようになったのですが その中でも使いやすさがハンパないのがGMOコインです。 元々、為替のFXの実績もあったからかスマホでの取引画面はとても 使いやすく利便性を重視されています。 IT企業という事もありセキュリティ体制も他の取引所より信頼できると 感じています!
手数料
0%
通貨数
5種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金 ・ペイジー入金 ・クレジット決済
登録はこちら!
bitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
国内で人気の仮想通貨取引所ビットフライヤー
ビットフライヤーは2014年1月に設立された仮想通貨取引所で 扱える仮想通貨の種類は少ないものの、手数料も安く見やすいシステム画面をしています。 ビットフライヤーの最大の長所は三菱UFJグループやSBIグループ等、 日本を代表する金融機関から出資を受け運営されており、 信用度が国内の仮想通貨取引所の中で最も高い点です。
手数料
0.01~0.15%
通貨数
6種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金・クレジット決済
登録はこちら!
BitTrade
ワンコイン(500円)で今すぐビットコインが買える!
BitTradeもGMOと同じく為替FXを運営してる会社で こちらは本格的なトレーダー使用の取引画面になります。 GMOに比べ取り扱い通貨数が1通貨多く 2017年に爆上げしたモナコインも取り扱っていますが そこまで違いはないですね。 両方登録して取引画面の使い易い方を選ぶのが良いでしょう。
手数料
0.2%
通貨数
6種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金
登録はこちら!
QUOINEX
ビットコイン
業界最多の通貨ペア数の53種類取り扱い中!
この取引所の特徴としては仮想通貨と為替の取引所を 合体させた取引所になります。 取り扱い数が53種類と書きましたが、 仮想通貨の取り扱い自体は5種類なのですが海外などの法定通貨も 取り扱ってるので仮想通貨と為替を同じ取引所で取り扱いたいという ワガママさんにはこちらがオススメです(笑)
手数料
0%
通貨数
53種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金
登録はこちら!