バンコールプロトコルって何? 仮想通貨初心者の気になる用語を解説!

仮想通貨

最近、仮想通貨が世界的に大きな関心を集めているのはご存知ですよね。

 

しかし、それとともに、見慣れない単語が数多く出てきて、その意味が分からず、

「やっぱり仮想通貨は難しい」と思い込んでしまう方も少なくないでしょう。

 

現在の仮想通貨業界では、「バンコールプロトコル」という用語が注目を集めていますが、

初心者にとっては、これを聞いてもピンこない方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、バンコールプロトコルの意味と、

それが仮想通貨にどう役立つのかについて分かりやすく解説したいと思います。

 

バンコールプロトコルの意味とは?

バンコールプロトコルとは、バンコールと呼ばれる仮想通貨に対し、

予め価格や取引に関するルールを定めたプログラムに従い機能させるシステムです。

 

バンコールとは元々仮想通貨の一種で、2017年にイーサリアムベースとしてリリースされました。

 

元々これは歴史的な経済学者ジョン・メイナード・ケインズが1940年から1942年に、

エルンスト・フリードリッヒ・シューマッハーとともに提案した通貨なのです。

 

当時は、第二次世界大戦による混乱期だったため、

イギリス政府が経済の安定を狙うべくバンコールという通貨の導入を提案しましたが、

アメリカ側の合意を得られずに幻となってしまったのです。

 

各国の中央銀行をまとめる信用機関としての国際的な中央銀行を創設し、

そこから発行される世界共通通貨として提案された通貨が「バンコール」だったのです。

 

狙いは通貨の力で世界秩序を保つことです。

ドル、ポンド、円はそれぞれ価値が違うから、最初から1つの通貨を世界的に流通させることで、

別の通貨に換金しなきゃいけないなどの手間を省けると思えば、

確かに当時のバンコールは夢のような可能性があったようにも思えます。

 

バンコールプロトコルのメリット

まず挙げられるのは、バンコールには買値と売値のブレが発生しないことです。

 

ビットコインの場合ですと、例えば1BTCの買値が20万円であるにも関わらず、

売値が18万円しかないというように、買値と売値がブレる場合があります。

このブレを「スプレッド」と言います。

 

バンコールはプロトコルというコンピューターが定めた規則によってあらかじめ価格が決まっているため、

スプレッドが発生しないのです。

 

また、バンコールプロトコルの機能を与えられた仮想通貨「スマートトークン」は、

24時間365日いつでも取引可能です。

 

つまり、通貨が決まった期間に何度買われたり売られたりしているかを示す流動性が確保されているため、

マイナーな通貨でも、バンコールプロトコルを与えられている方が取引所に上場し、人目に付きやすくなります。

 

バンコールプロトコルの仮想通貨への影響

2017612日、バンコールはICO(Initial Public Offering)という、

新規未上場通貨を上場前に売り出す制度を実施したところ、瞬く間に大きな関心を集め、

3時間で167億円の資金を調達することに成功しました。

 

このことも、バンコールプロトコルの注目を大きく後押しすることになりました。

バンコールプロトコルは、仮想通貨に対し値段と取引のルールを定めることによって、

仮想通貨を持っている人たちからの信頼をある程度得ることができます。

 

一度買った仮想通貨を売りに出すとき、売値が買ったときの値段よりも安かったら、

損になりますよね。仮想通貨はデジタルの世界にしか存在しえません。

 

BOOK-OFFに売る本のように経年劣化がありえないので、買値と売値が違うと納得しない人も多々いるはずです。

 

その問題を解決するうえで、

バンコールプロトコルは仮想通貨に革命をもたらす可能性を持っていると言えます。

 

バンコールプロトコルは、仮想通貨に共通ルールを与えています。

つまり、プロトコルが政府であり、それに従っているのが、バンコールをはじめとする仮想通貨なのです。

 

まさにケインズが世界経済安定のために志した、当時の夢のバンコール通貨と同じコンセプトです。

(しかし、バンコールプロトコルが管理するのはあくまでもルールであり、

仮想通貨そのものは今まで通り中央管理者を持たず、ユーザー間の合意のもとで管理されることになります)

 

まとめ

バンコールプロトコルは、仮想通貨の取引や値段に関する曖昧なルールを統一することで、

仮想通貨初心者がためらわずに参入できるように工夫を凝らしています。

 

取引のルールや価格に統一性をもたらし、

仮想通貨業界で起こりえる不条理や混乱をなるべくなくすために世に出された画期的なシステムと言えるでしょう。

 

皆さんも、興味があったら、バンコールプロトコルを取り入れた仮想通貨に参入してみてはいかがでしょうか?

 

おすすめ仮想通貨取引所

ZAIF
手数料の安さならZAIF
国内ではダントツで手数料が安く 2017年に約700倍ほど暴騰したモナコインを いち早く取り扱っていたZAIF取引所です。 しかもアドバイザーには元ライブドア社長の堀江貴文氏がいるのです! 今後もZAIF取引所からは目がはなせません。
手数料
-0.01%
通貨数
16種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金 ・ペイジー入金 ・クレジット決済
登録はこちら!
GMOコイン
アルトコイン訴求
仮想通貨FXならGMOコイン !
最近なにかと話題の仮想通貨ですが、 仮想通貨でもレバレッジをかけてFXできるようになったのですが その中でも使いやすさがハンパないのがGMOコインです。 元々、為替のFXの実績もあったからかスマホでの取引画面はとても 使いやすく利便性を重視されています。 IT企業という事もありセキュリティ体制も他の取引所より信頼できると 感じています!
手数料
0%
通貨数
5種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金 ・ペイジー入金 ・クレジット決済
登録はこちら!
bitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
国内で人気の仮想通貨取引所ビットフライヤー
ビットフライヤーは2014年1月に設立された仮想通貨取引所で 扱える仮想通貨の種類は少ないものの、手数料も安く見やすいシステム画面をしています。 ビットフライヤーの最大の長所は三菱UFJグループやSBIグループ等、 日本を代表する金融機関から出資を受け運営されており、 信用度が国内の仮想通貨取引所の中で最も高い点です。
手数料
0.01~0.15%
通貨数
6種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金・クレジット決済
登録はこちら!
BitTrade
ワンコイン(500円)で今すぐビットコインが買える!
BitTradeもGMOと同じく為替FXを運営してる会社で こちらは本格的なトレーダー使用の取引画面になります。 GMOに比べ取り扱い通貨数が1通貨多く 2017年に爆上げしたモナコインも取り扱っていますが そこまで違いはないですね。 両方登録して取引画面の使い易い方を選ぶのが良いでしょう。
手数料
0.2%
通貨数
6種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金
登録はこちら!
QUOINEX
ビットコイン
業界最多の通貨ペア数の53種類取り扱い中!
この取引所の特徴としては仮想通貨と為替の取引所を 合体させた取引所になります。 取り扱い数が53種類と書きましたが、 仮想通貨の取り扱い自体は5種類なのですが海外などの法定通貨も 取り扱ってるので仮想通貨と為替を同じ取引所で取り扱いたいという ワガママさんにはこちらがオススメです(笑)
手数料
0%
通貨数
53種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金
登録はこちら!