エアドロップで仮想通貨がただでもらえる!? その仕組みを徹底解説!

仮想通貨

仮想通貨業界では、しばしばエアドロップが行われ、

その度にニュースで話題になります。

 

先日、仮想通貨の一種であるトロンがイーサリアム所有者を対象とし、

3000万枚のエアドロップを行う予定であることが業界を大きくにぎわせました。

 

しかし、このエアドロップの言葉の意味をよく知らないという方も多いでしょう。

 

これを知っているか知らないかで、

仮想通貨ライフは大きく変化すると言っても過言ではありません。

 

今回はエアドロップの意味とその仕組み、

エアドロップの情報を知る方法について解説します。

 

エアドロップの意味とは?

エアドロップ(AirDrop)とは、

暗号通貨やトークン(つまり仮想通貨)がタダで貰えることです。

 

つまり、仮想通貨のバラマキです。

 

江戸時代には、

「金に困っている人たちのために、鼠小僧が悪徳な大名や商人から盗んだ金を町へばらまいた」

という伝説が語られていました。

 

エアドロップとは、

仮想通貨に鼠小僧的な人が現れることです。

 

実際には誰もエアドロップのために、

ハッキングをして仮想通貨を盗むことはないのですが、

ただでユーザーたちに通貨をばらまく様は、鼠小僧に近いと言ってもいいでしょう。

 

エアドロップのメカニズム

エアドロップには、三種類が存在します。

 

1.ホルダーエアドロップ

エアドロップの対象となる仮想通貨を決められた時間に持つだけで、

その通貨はただであなたのものとなります。

 

例えば、今日の午後7時から8時にエアドロップキャンペーンが行われる場合は、

その時間内にエアドロップされた通貨を入手するだけで、

自動的に出費なしであなたのものになるのです。

 

2フォークドエアドロップ

ブロックチェーンという取引履歴を記録するシステムがあるのですが、

通貨によっては、その記録が二手に分かれる場合があります。

 

ブロックチェーンとは、仮想通貨が物理的にいつ、どこで持ち主が変わったかを逐一記録するため、

そのデータが膨大になる恐れがあり、

与えられたメモリが記録で一杯になってしまう場合があります。

 

そこで、記録データのサイズをより大きなものに変えるのですが、

記録するデータの受け皿を変えることになるので、今までの取引記録のデータが引き継げなくなり、

結果的に同じ仮想通貨に二つの記録媒体ができてしまいます。

 

これがフォーク(分岐)と言われる現象です。

 

ユーザーは、分岐した仮想通貨のうち、

引き継がれる前の片方を無料で手に入れることができるのです。

 

有名どころでいえばビットコインから

ビットコインキャッシュが配布されたのは記憶に新しいですよね。

 

3.バウンティエアドロップ

エアドロップの中で最もベタと言われています。

仮想通貨のリリースを考えている企業のアカウントに登録し、

企業発信のTwitterのメッセージに従ったり、Telegramで企業とつながったりすると、

その企業が発行する仮想通貨をただでもらえるのです。

 

・エアドロップの情報を知る方法

https://raku2life.com/crypto-airdrop-matome/

こちらはエアドロップの情報がまとめられたサイトです。

 

さらにタイトルロゴの下には更新日も書かれていて、

逐一更新の意思も伺われますので、

かなり便利なサイトと言えるでしょう。

 

このサイトでは、エアドロップの意味、

参加に必要なものが前置きされています。

 

その後で、エアドロップの情報が表示されているのです。

 

このサイトで紹介されているエアドロップを行っているところへ次々とアクセスし、

もらえるだけのエアドロップをもらいに行くことが最も理想的な攻略法と言えるでしょう。

 

まとめ

エアドロップとは、無料で仮想通貨がもらえるという、

ユーザーからすれば夢のようなイベントです。

 

しかし、その機会はレアと言えます。

 

仮想通貨に関するニュースや、情報をまとめたサイトを定期的にチェックし、

エアドロップの情報がないか確かめることが大切です。

 

エアドロップで手に入れた仮想通貨も、

売る時は一定の値段がつく場合もあります。

 

中には、入手時の通貨本来の価値さえも上回る値段で売ることができる場合もあり、

あなたの仮想通貨ライフを変化させられる希望もあります。

 

仮想通貨で少しでも多くの収益を上げたければ、

エアドロップへの参加を考えてみるのも良いでしょう。

 

おすすめ仮想通貨取引所

ZAIF
手数料の安さならZAIF
国内ではダントツで手数料が安く 2017年に約700倍ほど暴騰したモナコインを いち早く取り扱っていたZAIF取引所です。 しかもアドバイザーには元ライブドア社長の堀江貴文氏がいるのです! 今後もZAIF取引所からは目がはなせません。
手数料
-0.01%
通貨数
16種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金 ・ペイジー入金 ・クレジット決済
登録はこちら!
GMOコイン
アルトコイン訴求
仮想通貨FXならGMOコイン !
最近なにかと話題の仮想通貨ですが、 仮想通貨でもレバレッジをかけてFXできるようになったのですが その中でも使いやすさがハンパないのがGMOコインです。 元々、為替のFXの実績もあったからかスマホでの取引画面はとても 使いやすく利便性を重視されています。 IT企業という事もありセキュリティ体制も他の取引所より信頼できると 感じています!
手数料
0%
通貨数
5種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金 ・ペイジー入金 ・クレジット決済
登録はこちら!
bitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
国内で人気の仮想通貨取引所ビットフライヤー
ビットフライヤーは2014年1月に設立された仮想通貨取引所で 扱える仮想通貨の種類は少ないものの、手数料も安く見やすいシステム画面をしています。 ビットフライヤーの最大の長所は三菱UFJグループやSBIグループ等、 日本を代表する金融機関から出資を受け運営されており、 信用度が国内の仮想通貨取引所の中で最も高い点です。
手数料
0.01~0.15%
通貨数
6種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金・クレジット決済
登録はこちら!
BitTrade
ワンコイン(500円)で今すぐビットコインが買える!
BitTradeもGMOと同じく為替FXを運営してる会社で こちらは本格的なトレーダー使用の取引画面になります。 GMOに比べ取り扱い通貨数が1通貨多く 2017年に爆上げしたモナコインも取り扱っていますが そこまで違いはないですね。 両方登録して取引画面の使い易い方を選ぶのが良いでしょう。
手数料
0.2%
通貨数
6種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金
登録はこちら!
QUOINEX
ビットコイン
業界最多の通貨ペア数の53種類取り扱い中!
この取引所の特徴としては仮想通貨と為替の取引所を 合体させた取引所になります。 取り扱い数が53種類と書きましたが、 仮想通貨の取り扱い自体は5種類なのですが海外などの法定通貨も 取り扱ってるので仮想通貨と為替を同じ取引所で取り扱いたいという ワガママさんにはこちらがオススメです(笑)
手数料
0%
通貨数
53種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金
登録はこちら!