何故今仮想通貨か、仮想通貨が注目される理由とは?

仮想通貨が2017年に入り、とてつもない上昇を続けています。

 

仮想通貨の代表格とされるビットコインは分裂騒動で一時的に下がったものの、

その後切り替えし、昨年末の水準から4倍程度まで上昇し、

その他の仮想通貨も軒並み大きな上昇を見せています。

 

何故今仮想通貨が注目され上昇しているのか、理由を解説していきます。

 

世界中の金余りにより、仮想通貨に注目する投資家が増えた

リーマンショック以降、

世界各国の中央銀行は大規模金融緩和合戦を行っています。

 

この大規模金融緩和合戦は自国の通貨を大量に増やすことにより自国の通貨の価値を下げ、

輸出競争で有利になるよう促し自国の経済を良くするといった政策です。

 

この金融緩和合戦には当然日本も参戦しており、

日本は世界の中でもトップクラスの強力な金融緩和政策を行っています。

 

普段私たちは自分たちが使っている通貨が

どのくらい発行されているか気にしたことはありませんが、

リーマンショック以降、日本の中央銀行の当座預金残高は10年程度で25倍以上に増加しています。

 

言い換えると、

円のありがたみ、信用は10年前と比べ25倍以下になった事になります。

 

世界中でこのような自国通貨の信用を損なう政策を行っていますので、

当然、通貨をたくさん持っているお金持ちは面白くありません。

 

自国通貨を手放して、他の国の通貨に変えようにも世界中で似たような緩和合戦が行われており、

株や土地、金などの資産もあらかた高値圏になってしまった為、逃げ場はなくなっています。

 

そこで世界中のお金持ちが、最後の終着点と目を付け始めたのが仮想通貨です。

 

仮想通貨は普通の通貨と違い、

多くの仮想通貨はビットコインの様に発行上限が決まっており、

日本円の様に25倍も増やすことができません。

 

仮想通貨の方がありがたみはあり、信用が保たれるような構図になっているのです。

 

このような世界中の通貨の金余りと、仮想通貨のありがたみが作用して、

今仮想通貨が注目を集める要因となっているのです。

 

どんどん使いやすくなる仮想通貨、その魅力に注目

仮想通貨は海外への送金をする際に利用すると、

既存の銀行サービスを利用するよりもコストが安く済むと知られています。

 

現在では送金に使用するだけでなく

店舗で商品を購入する時の決済にも使えるようになっています

(日本ではビックカメラやコジマなどビットコイン決済に対応。)

 

お店で仮想通貨の決済が出来るというのは、

日本人としてはあまり魅力を感じないかもしれませんが、

訪日外国人の目線から見るととても便利です。

 

アジアのツアーで色々な国を回る場合、

その都度その国の通貨を換金する必要がありますが、

ビットコイン決済が出来ればその必要はありません。

 

更にはビットコインで決済できれば通貨を換金した場合や、

クレジットカードを使用した場合に比べ、手数料が安く決済できるとされています。

 

ビットコインでの決済は利便性とコスト削減を兼ね備えているのです。

 

今はビットコイン対応するショップが少ししかありませんが、

これからどんどん他の仮想通貨対応や対応可能なショップは増えていき、

仮想通貨の魅力はより増していくとされています。

 

仮想通貨がより身近に魅力的になる状況が、

今仮想通貨として注目されているのです。

 

法律が整備され、仮想通貨は市民権を得るようになる

日本では2017年、『改正仮想通貨法』が施行されました。

 

この法律によって、

今まで海の物か山の物かわからないとされていた仮想通貨が

キチンとした法律によって管理されるようになったのです。

 

これによって、既存の大手金融機関も仮想通貨を使ったビジネスを始めようと計画し

仮想通貨は「なんだか怪しいもの」から市民権を得始めています。

 

今後は証券業界やFX業界などの分別保管制度が整備されていくでしょう。

 

法律が整備され、正規の取引として認められ始めたことが投資家の裾野を増やし、

今仮想通貨が投資家から注目を集める要因となっているのです。

 

まとめ 仮想通貨の相場は始まったばかり、今こそ仮想通貨に注目すべき

世界中の金余り情勢は仮想通貨相場を作り出し、今後も押し上げる原動力になるでしょう。

 

仮想通貨の利便性の高まりは、より多くの人が仮想通貨を持とうと思う動機づけになります。

 

法律が整備されたことにより、

投資家も今仮想通貨を持とうと思う要因となりそうです。

 

2017年は正に仮想通貨元年と言えるかもしれません。

 

仮想通貨の相場は始まったばかり、ビットコイン以外にも多くの仮想通貨があり、

更に新しい仮想通貨が作られています。

 

何故今仮想通貨かと考え、少額でも仮想通貨に触れ注目を続けてみるといいでしょう。

 

オススメの仮想通貨取引所

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoinbitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で  

おすすめ仮想通貨取引所

ZAIF
手数料の安さならZAIF
国内ではダントツで手数料が安く 2017年に約700倍ほど暴騰したモナコインを いち早く取り扱っていたZAIF取引所です。 しかもアドバイザーには元ライブドア社長の堀江貴文氏がいるのです! 今後もZAIF取引所からは目がはなせません。
手数料
-0.01%
通貨数
16種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金 ・ペイジー入金 ・クレジット決済
登録はこちら!
GMOコイン
アルトコイン訴求
仮想通貨FXならGMOコイン !
最近なにかと話題の仮想通貨ですが、 仮想通貨でもレバレッジをかけてFXできるようになったのですが その中でも使いやすさがハンパないのがGMOコインです。 元々、為替のFXの実績もあったからかスマホでの取引画面はとても 使いやすく利便性を重視されています。 IT企業という事もありセキュリティ体制も他の取引所より信頼できると 感じています!
手数料
0%
通貨数
5種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金 ・ペイジー入金 ・クレジット決済
登録はこちら!
bitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
国内で人気の仮想通貨取引所ビットフライヤー
ビットフライヤーは2014年1月に設立された仮想通貨取引所で 扱える仮想通貨の種類は少ないものの、手数料も安く見やすいシステム画面をしています。 ビットフライヤーの最大の長所は三菱UFJグループやSBIグループ等、 日本を代表する金融機関から出資を受け運営されており、 信用度が国内の仮想通貨取引所の中で最も高い点です。
手数料
0.01~0.15%
通貨数
6種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金・クレジット決済
登録はこちら!
BitTrade
ワンコイン(500円)で今すぐビットコインが買える!
BitTradeもGMOと同じく為替FXを運営してる会社で こちらは本格的なトレーダー使用の取引画面になります。 GMOに比べ取り扱い通貨数が1通貨多く 2017年に爆上げしたモナコインも取り扱っていますが そこまで違いはないですね。 両方登録して取引画面の使い易い方を選ぶのが良いでしょう。
手数料
0.2%
通貨数
6種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金
登録はこちら!
QUOINEX
ビットコイン
業界最多の通貨ペア数の53種類取り扱い中!
この取引所の特徴としては仮想通貨と為替の取引所を 合体させた取引所になります。 取り扱い数が53種類と書きましたが、 仮想通貨の取り扱い自体は5種類なのですが海外などの法定通貨も 取り扱ってるので仮想通貨と為替を同じ取引所で取り扱いたいという ワガママさんにはこちらがオススメです(笑)
手数料
0%
通貨数
53種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金
登録はこちら!