Dappsって何? 仮想通貨の可能性を切り開く魔法のアプリ!

未分類

Dappsってご存知ですか?

こう聞かれても「全く分からない」「新しいカード会社の名前ですか?など、

なかなかピンと来ない方も多いんじゃないでしょうか!?

 

しかし、実際のDappsは、特に仮想通貨などの業界で

将来を切り拓く力を持っているのではないかと言われています。

 

これまで世界では、スマートフォンが普及し、

TwitterFacebookと言ったSNSの発達、

水素燃料の自動車が開発されるなど、様々な未来の文明が現実のものとなってきました。

 

Dappsは、それに負けないくらいの普及を見せる可能性を秘めているのです。

Dappsの定義

Dappsとは、Decentralized Applicationsの略です。

 

その意味とは、「非中央集権・分散型アプリケーション」です。

 

今までのアプリは、アプリを開発する会社が

ダウンロードされた分の情報を全て一手に受ける形で管理していましたが、

Dappsでは、その管理を行う場所が複数に分かれているのが特徴です。

 

Dappsは、不特定多数の人たちにソフトウェアにプログラムされたコード(文字列)が無償公開され、

誰でも自由に改良したり、他人に渡したりできるのです。

 

これは「オープンソース」と言われ、従来の利用料を求められるソフトウェアとは違うのです。

 

オペレーションも自動で行われ、データなどが暗号化され、

分散された形で利用履歴が記録されるのです。

 

Dappsには暗号トークンがあり、自由に流通可能です。

 

ここでのトークンとは、現実のお金に代わって価値を持つ「お金的なもの」であり、

アプリ内で流通するため、参加者に報酬として支払われることもあるのです。

 

もちろん、トークンも株やFXと同じく立派な資産のひとつで、

トークンを売って現金化することも可能です。

 

また、Dappsは市場やユーザーからの要望で随時機能が改善されていきます。

 

これにはユーザー間の同意が必要なので、

勝手に機能が変わって使いづらくなったなどのトラブルを

最大限に抑えることができるのです。

 

仮想通貨もDappsの仲間

株やFXのように、世界中の取引情報の全てを一手に引き受けて管理している組織が存在しないという意味では、

仮想通貨もDappsの仲間と言えますね。

 

つまり、ビットコインやイーサリアムといったものも、

仮想通貨の仲間でありDappsの仲間なのです。

 

また、仮想通貨は前述のトークンの定義にも当てはまる場合があります。

 

アプリ内で買ったり売られたりして動き回り、

売られることで現金に変えられることだってあるからです。

 

仮想通貨の多くは中央主体が存在しないため、

改善作業もユーザー間の同意で決められるので、

この意味でもDappsの定義にぴったりとはまりますね。

 

しかし、同じ仮想通貨でも取引情報の一切を記録した、いわゆるブロックチェーンが用いられず、

株やFXのように中央組織により管理されているリップルなどは、

Dappsのうちには入らないので、注意しましょう。

 

Dappsが社会を変える

日本に限らず、国家そのものは、国の中心である政府が決めた、

政策や法律などのルールに従って人々が生活している状態です。

 

つまり、政府が国を支配しているのです。

 

しかし、Dappsのように支配する中心が存在しないことは、

ルールの壁にとらわれず、いつでもどこでも自由に活動できる場所は、

社会常識さえも変えられる力を持ちえます。

 

それだけの未知の可能性が、Dappsにはあるのです。

まとめ

Dappsは、中央支配という今までの物事の基本構造から解放され、

それまでにはないほどの活動の自由性を手に入れた、

未来を現実にする文明と言えます。

 

ただし、このDappsの存在も、

利用する人間同士による基本的な信頼関係があってこそです。

 

また、Dappsも人に開発されたアプリである以上、

バグなどのトラブルが起きたりする可能性もあります。

 

ハッキングしてトークン(仮想通貨などの資産)を盗めばもちろん犯罪で、

現実の警察が動くことになりますし、Dapps内でシステムトラブルが起きれば、

場合によっては莫大な損害が起きる可能性だってあります。

 

これらのことに注意したうえで、

Dappsのある社会を、健全に過ごしていきましょう。

 

おすすめ仮想通貨取引所

ZAIF
手数料の安さならZAIF
国内ではダントツで手数料が安く 2017年に約700倍ほど暴騰したモナコインを いち早く取り扱っていたZAIF取引所です。 しかもアドバイザーには元ライブドア社長の堀江貴文氏がいるのです! 今後もZAIF取引所からは目がはなせません。
手数料
-0.01%
通貨数
16種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金 ・ペイジー入金 ・クレジット決済
登録はこちら!
GMOコイン
アルトコイン訴求
仮想通貨FXならGMOコイン !
最近なにかと話題の仮想通貨ですが、 仮想通貨でもレバレッジをかけてFXできるようになったのですが その中でも使いやすさがハンパないのがGMOコインです。 元々、為替のFXの実績もあったからかスマホでの取引画面はとても 使いやすく利便性を重視されています。 IT企業という事もありセキュリティ体制も他の取引所より信頼できると 感じています!
手数料
0%
通貨数
5種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金 ・ペイジー入金 ・クレジット決済
登録はこちら!
bitFlyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
国内で人気の仮想通貨取引所ビットフライヤー
ビットフライヤーは2014年1月に設立された仮想通貨取引所で 扱える仮想通貨の種類は少ないものの、手数料も安く見やすいシステム画面をしています。 ビットフライヤーの最大の長所は三菱UFJグループやSBIグループ等、 日本を代表する金融機関から出資を受け運営されており、 信用度が国内の仮想通貨取引所の中で最も高い点です。
手数料
0.01~0.15%
通貨数
6種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金・クレジット決済
登録はこちら!
BitTrade
ワンコイン(500円)で今すぐビットコインが買える!
BitTradeもGMOと同じく為替FXを運営してる会社で こちらは本格的なトレーダー使用の取引画面になります。 GMOに比べ取り扱い通貨数が1通貨多く 2017年に爆上げしたモナコインも取り扱っていますが そこまで違いはないですね。 両方登録して取引画面の使い易い方を選ぶのが良いでしょう。
手数料
0.2%
通貨数
6種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金
登録はこちら!
QUOINEX
ビットコイン
業界最多の通貨ペア数の53種類取り扱い中!
この取引所の特徴としては仮想通貨と為替の取引所を 合体させた取引所になります。 取り扱い数が53種類と書きましたが、 仮想通貨の取り扱い自体は5種類なのですが海外などの法定通貨も 取り扱ってるので仮想通貨と為替を同じ取引所で取り扱いたいという ワガママさんにはこちらがオススメです(笑)
手数料
0%
通貨数
53種類
スマホアプリ
iPhone/Android
入金方法
銀行振込 ・コンビニ入金
登録はこちら!